赤銅鉱 [Cuprite]
Cu2O
酸化鉱物 等軸晶系


兵庫県川辺郡猪名川町 辻ヶ瀬鉱山産

画像サイズ 左右5mm

赤銅鉱自体はいろんな産地で採取してますが、全て皮膜状のものばかりで、自形結晶という物を採取したことがありません
この赤銅鉱もルーペでよーく見ると、所々に三角形の面が見えます
でも全体的には塊状・・・
この標本を採集した時には同行した友人みーんなに見せました
友人A『おー結晶質(ここがポイント)だね』
友人B『わりと結晶質やんか』
・・・誰一人結晶とは言ってくれませんでした
でも顕微鏡でじっくりと観察しても、やっぱり結晶質というのが正解でした
赤銅鉱の八面体結晶が欲しい!

2001年12月採取



滋賀県甲賀郡石部町 灰山産

画像サイズ 左右3mm

顕微鏡サイズの赤い毛です
一般的には『毛銅鉱』とか『毛赤銅鉱』あるいは『針銅鉱』とか呼ばれているようです

等軸晶系で通常は八面体や五画十二面体、立方体になるのですが
時にはこんな針〜毛状の結晶になることがあります
生成時の温度が関係しているらしいです

2002年2月採取