ヒヨドリ



2010年2月28日 愛知県岡崎市 菅生川にて撮影

分類 スズメ目ヒヨドリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ヒヨドリ(鵯)
種の学名(英名) Hypsipetes amaurotis (Brown-eared Bulbul)
全長 L27cm
鳴き声 ヒー、ヒー、ヒーヨヒーヨ、ピールリピなど一年変化に富んだ声を出す
分布 本州中部以北の亜高山帯と北海道の針葉樹林で繁殖し、冬季には全国の丘陵地
や低山帯で見られる
特徴 どでにでも居る中型の鳥です。 全身灰色で、頬は茶色く、下面には斑模様があって
下尾筒の羽は白い羽縁が目立つ。 くちばしはするどく尖り、頭には短い冠羽があり、
尾は長めである
名の由来 飛びながら「ピィーヨ ピィーヨ」と甲高い声で鳴くので、この鳴き声から「ピィーヨ」 →
「ヒーヨ」→ヒヨ鳥とか、また古名の「稗鳥(ヒエドリ)」(稗を食べる鳥?)からとか。



2010年10月18日 愛知県安城市 秋葉公園にて撮影







2010年2月28日 愛知県岡崎市 菅生川にて撮影

河津桜とヒヨドリです






虫を狙って盛んにフライングキャッチを繰り返していましたが
写真に撮るのは難しかったです

2010年3月28日 愛知県豊田市 柳川瀬公園にて撮影








2010年3月6日 愛知県岡崎市 東阿知和にて撮影





2010年2月7日 愛知県安城市 秋葉公園にて撮影






2010年5月3日 石川県 普正寺の森にて撮影





20102年10月8日 愛知県田原市 恋路ヶ浜にて撮影