ジョウビタキ



2009年2月22日 愛知県岡崎市 明神公園にて撮影

分類 スズメ目ツグミ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ジョウビタキ(常鶲・尉鶲)
種の学名(英名) Phoenicurus auroreus (Daurian Redstart)
全長 L14cm
鳴き声 ヒッヒッ ヒッヒッと鳴く
分布 冬鳥として全国に渡来し、林の縁や農耕地に生息し、市街地でも見られる
特徴 スズメ大の小型ツグミ類。雄の頭は白っぽい灰色、顔と喉は黒く、下面は橙色で翼に
ある白い紋が目立つ。雌は全体に淡い茶色で下腹から尾が橙色、翼に白斑がある。
名の由来 『ヒタキ』は元々このジョウビタキを指し、色が赤いことから「ヒタキ(火焼)」と呼ばれたとか











2014年3月29日 石川県輪島市にて撮影









部分白化の白いジョウビタキ♀に会いました
地元の方が 『白雪姫』と呼んでいました・・・可愛くて、愛想が良かったです

2011年2月6日 神奈川県横浜市 舞岡公園にて撮影






2009年2月22日 愛知県岡崎市 明神公園にて撮影







2011年2月19日 静岡県藤枝市 蓮華寺池公園にて撮影





2010年2月27日 愛知県岡崎市 明神橋公園にて撮影



2009年12月22日 愛知県豊田市 前田公園にて撮影



2010年4月16日 石川県金沢市 健民海浜公園にて撮影



2011年2月10日 愛知県岡崎市 東公園にて撮影



2008年3月2日 愛知県岡崎市 岩津天神にて撮影

梅の花と一緒に1枚





2010年11月11日 愛知県豊田市 前田公園にて撮影




2010年4月16日 石川県金沢市 健民海浜公園にて撮影