カシラダカ



2009年11月26日 愛知県瀬戸市 岩屋堂にて撮影

分類 スズメ目ホオジロ科 見られる時期

10 11 12
11
標準和名 カシラダカ(頭高)
種の学名(英名) Emberiza rusica (Rustic Bunting)
全長 L15cm
鳴き声 「ピピチュルピピピビィチュルチュルチクチ
クピィピィ」とヒバリの声を小さくしたような
さえずり、地鳴き「チッ」とか細い
分布 冬鳥として全国に渡来し、低木林や農耕地、河原などに住む
特徴 夏羽の雄は、頭上と頬が黒く、下面は白い。雌と冬羽は頭上と頬が褐色で、
下面には褐色の縦斑がある。
名の由来 興奮すると頭頂部の羽を立たせることより



2011年5月5日〜6日 石川県 舳倉島にて撮影











寒風吹きすさび、鳥気が全く無い中、唯一遊んでくれた子でした。

2009年12月31日 愛知県豊田市 下山地区にて撮影