トビ



2008年7月19日 富山県射水市 富山新港にて撮影

ワシタカ類の中では普通に会える種ですね
結構大きな体で、本種よりも大きな種というのは少ないようです

分類 タカ目タカ科 見られる時期

10 11 12
11
標準和名 トビ(鳶)
種の学名(英名) Milvus migrans (Black Kite)
全長 L60cm
鳴き声 ピーヒョロヒョロピョロ
分布 九州以北に留鳥として分布する。寒地のものは冬に暖地に移動する
特徴 全身が褐色で、初列風切の下面に淡色斑がある。
尾の先の中央がへこんだ凹尾であることで他のタカ類から簡単に区別できる
名の由来 遠く高く飛ぶという意味の「とおくひいる」が略され転化して「飛び」になった



2008年4月20日 愛知県幡豆郡 一色町にて撮影

ほとんど羽ばたくことなく、上昇気流に乗って弧を舞う姿は優雅で美しいですね




2008年4月19日 愛知県豊田市 昭和の森にて撮影





2008年4月29日 愛知県幡豆郡 一色町にて撮影

大量のトビが電柱に、街路樹に居ました








2008年9月21日 愛知県幡豆郡 一色町にて撮影

猛禽類の中で群れを作るのはトビだけですよね。
結果的に群れになっているだけなのかもしれないけど・・・。