ハシビロガモ



2009年3月21日 三重県津市 香良洲町にて撮影

分類 カモ目カモ科 見られる時期

10 11 12
11
標準和名 ハシビロガモ(嘴広鴨)
種の学名(英名) Anas clypeata 
(Common Shoveler)
全長 L50cm
鳴き声 クワッ、クワッと鳴く
分布 北海道、本州、四国で繁殖する留鳥。
特徴 大きくて、黒いヘラ状の嘴を持ち、頭が金属光沢のある暗緑色、
目は黄色く、胸と腰は白で、脇(わき)と腹は赤褐色。尾は白く、上尾筒、下尾筒は黒い
名の由来 大きくて広い嘴を持っていることから







2009年3月21日 三重県津市 香良洲町にて撮影

ハシビロガモが集まって円を描くように回りながらエサを食べています。
この食事風景はハシビロガモ特有らしいです。




2008年11月8日 三重県 五主池にて撮影

まだ頭がグレー色の個体です。












2010年3月21日 愛知県豊橋市 神野新田にて撮影