コブハクチョウ



2008年3月22日 愛知県岡崎市 菅生川(乙川)にて撮影

外来種とも言えない、飼い鳥ですが・・・

分類 カモ目カモ科 見られる時期

10 11 12
11
標準和名 コブハクチョウ(瘤白鳥)
種の学名(英名) Cygnus olor (Mute Swan)
全長 L152cm
鳴き声 アゥー、パゥー
分布 中央アジア、ヨーロッパ北部などで繁殖している。
日本では1952年に飼い鳥として、移入され公園や動物園などで飼育された。
その子孫や、飼育下のものが逃げ出して定着したものが多いと考えられています
特徴 全身白色の大型の水鳥である。扁平なくちばしはオレンジ色。
くちばし上部の付け根に黒いコブのような裸出部がある
名の由来 くちばし上部にコブがあるハクチョウ



2008年3月18日 愛知県岡崎市 東公園にて撮影