セイタカシギ



2008年4月29日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影

素晴らしく美しい脚を持ったシギですね
でも、折れそうで見ていて恐ろしく感じます

分類 チドリ目セイタカシギ科 見られる時期

10 11 12
11
標準和名 セイタカシギ(丈高鷸)
種の学名(英名) Himantopus himantopus 
(Black-winged Stilt)
全長 L37cm
鳴き声 ケレッ、ケレッ、ケレッ
分布 ではかつて迷鳥としてまれに記録される程度だったが、国内で繁殖する個体群が現れ
現在は各地で渡来が確認されている
特徴 足は赤または桃色で長く、翼は灰色、首筋から腹部にかけては白、くちばしは黒
名の由来 付け根から指先まで 25cm ほどもある特徴的な長い脚名前の由来









2012年6月16日 愛知県西尾市 一色町にて撮影















2012年6月9日 愛知県西尾市 一色町にて撮影





2010年9月12日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影



2008年9月21日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影

今まで見た中では全部で15羽と一番多くの群れでした




2009年9月25日 愛知県田原市 汐川干潟にて撮影