ハチクマ



2012年10月8日 愛知県田原市 恋路ヶ浜にて撮影

淡色型 真上を飛んでいくのでこんなショットしか撮れない

分類 タカ目タカ科 見られる時期

10 11 12
不明
標準和名 ハチクマ(八角鷹)
種の学名(英名) Pernis ptilorhynchus 
(Oriental Honey Buzzard)
全長 L55cm
鳴き声 ピーエー
分布 夏鳥として本州以北に渡来する
特徴 初列風切の先端は黒く見え、羽色は変化が多い。体下面と雨覆が黒い暗色型と、
体下面と雨覆の白い淡色型がある。尾には翼先の太い横帯ともう一本の横帯の
二本が目立つ。顔は灰色味が強い。
名の由来 ハチを食べるクマタカに似たタカを意味しています



2012年10月8日 愛知県田原市 恋路ヶ浜にて撮影

中間型 真上を飛んでいくのでこんなショットしか撮れない








初めて見に行った伊良湖の渡りのタカ、ハチクマはこの1固体だけ確認出来た。
チゴハヤブサとのランデブーは大きさの違いが際立っていました。

2009年9月25日 愛知県田原市にて撮影