タマシギ



2008年5月31日 愛知県豊田市 花本町の田んぼにて撮影

ペアのタマシギです。左がメス、右がオス

分類 チドリ目タマシギ科 見られる時期

10 11 12
不明
標準和名 タマシギ(玉鷸)
種の学名(英名) Rostratula benghalensis
(Painted Snipe)
全長 L24cm
鳴き声 ゴアー、グワー
分布 本州以南に分布する
特徴 よく知られていることですが、このタマシギはオスとメスが逆転している。
普通鳥の世界ではオスが鮮やかな色彩をしているが、このタマシギはメスが
鮮やかな色彩をしている。 東部が赤く、目の周りにはメガネを掛けたように
白い。 クチバシは赤く、先端がやや下に曲がっている。 脚は黄緑色。
さらにオスが抱卵して、子育てもオスがする。 
名の由来 翼を広げると水玉模様が現れるから





抱卵中のオス
こんな田んぼの真ん中で無事卵が孵るのでしょうか?






警戒するメスです
目の周りの白斑のせいで、面白い顔に見えますね












2010年8月29日 愛知県西尾市南奥田にて撮影