エリマキシギ



2008年4月29日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影

分類 チドリ目シギ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 エリマキシギ(襟巻鷸)
種の学名(英名) Philomachus pugnax (Ruff)
全長 L♂29cm ♀22cm
鳴き声 ケーと鳴く
分布 旅鳥として全国に渡来する
特徴 オスの夏羽ではくびに襟巻き状の飾り羽がある。色は白、赤褐色、黒と個体差が大きい。
足は長く、黄色、赤色、オレンジ色など変異に富む。嘴は短く、微妙に下へ湾曲している。
冬羽では全体が灰色で無斑。背中のうろこ模様が目立つ。

メスの夏羽は上面は淡褐色で、黒褐色の斑がある。首や胸には黒褐色の斑が不規則にある。
冬羽は雄冬羽に酷似している。首や胸の斑は無くなる
名の由来 襟巻状の飾り羽をもつシギ類









2008年4月29日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影

ほぼ夏羽の個体です
日本でこのレベルの個体が見られるのは希だそうですが・・・写真が哀しい!





















2011年4月3日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影






2012年9月22日 愛知県西尾市にて撮影