ハイタカ



2012年1月4日 滋賀県長浜市 湖北にて撮影

分類 タカ目タカ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ハイタカ(鷂・灰鷹)
種の学名(英名) Accipiter nisus 
(Eurasian Sparrowhawk)
全長 L♂32cm ♀39cm
鳴き声 キッキッキッキッキッと鳴く
分布 本州以北に分布する。 冬季は平地に移動する。
特徴 翼は短めで、先に丸みがあり、尾は長め。 頭から背、翼の上面が青色がかった灰黒色。
顔の白い眉斑はオオタカより明瞭でない場合が多い。体の下面は淡い赤褐色で、橙色の横斑がある。
キジバト大で、オオタカに良く似るが、体の大きさが違うことで見分ける。 雌の方が大きい。
名の由来







山本山の前でオオワシを撮っていたが、余りにも遠くて動きが無いので諦めて帰りかけた時
目の前にこの子が飛んで来ました

2012年1月4日 滋賀県長浜市 湖北にて撮影




2008年12月5日 滋賀県湖北町 ビオトープにて撮影

朝から降り続いていた雨がようやく上がった頃、目の前を飛んでくれた子です








2012年1月9日 愛知県尾張旭市 森林公園にて撮影





2009年12月13日 愛知県岡崎市 自然体験の森にて撮影