アタカマ鉱/パラアタカマ鉱
[Atacamaite/paraatacamaite]

Cu2(OH)3Cl
ハロゲン化鉱物 斜方/三方晶系

画像サイズ 左右 6mm

和歌山県東牟婁郡太地町 鷲の巣崎産

太地町の先端には泥岩・砂岩の岩礁帯が見られ、この岩石中に黄銅鉱を含む鉱脈が見られる
この黄銅鉱が海水と反応して本鉱が生成されたようです
ほとんどが皮膜状ですが、希に画像のような自形結晶も見られます
三角形の面を持つ、擬八面体結晶だと思われます

2004年12月採取