ヘラサギ



2008年12月5日 滋賀県湖北町 早崎ビオトープにて撮影

雨の中での撮影です
同じ池に1羽だけが離れた場所に居て、この2羽は仲良く並んで羽の手入れをしていました
左の子はクチバシがちょっと汚れたようなピンク色をしているので若鳥なのでしょう

分類 コウノトリ目トキ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ヘラサギ(箆鷺)
種の学名(英名) Platalea leucorodia 
(White Spoonbill)
全長 L86cm
鳴き声 キッキッキッキッキッと鳴く
分布 冬鳥として少数が日本各地に訪れる
特徴 夏羽では胸と冠羽が黄色味を帯びる。 冬羽ではこれらが消えて真っ白になる。
先がしゃもじのような形に広がった形のクチバシは黒くて先端部が黄色い。 足は黒い。
名の由来 ヘラのようなクチバシを持つサギ類(本当はサギではなくトキ科なのだが)













2013年12月1日 埼玉県川越市にて撮影





2008年12月5日 滋賀県湖北町 早崎ビオトープにて撮影











2010年2月22日 滋賀県湖北町 早崎ビオトープにて撮影