コチョウゲンボウ



2008年12月6日 愛知県弥富市 鍋田干拓地にて撮影

夕暮れが迫り、もうカメラ撮影は不可能かと思える時間になって現れてくれた子です
ISO800、F6.3、1/25秒での手持ち撮影でしたが、何とか数枚は見られる出来に撮れました

分類 タカ目ハヤブサ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 コチョウゲンボウ(小長元坊)
種の学名(英名) Falco columbarius (Merlin)
全長 L31cm
鳴き声 キッ キッやクイッ クイッと鳴く
分布 冬鳥として九州以北に渡来する
特徴 雄は上面が青味のある灰色で尾の先に黒帯があり、その先がせまく白い。
下面は胸に淡橙色で褐色の縦斑がある。雌は上面は褐色で下面は胸に縦斑、腹には横斑がある。
顔のひげ状の模様が不鮮明な点で他のハヤブサ類と区別できる
名の由来 小型のチョウゲンボウ



2008年12月6日 愛知県弥富市 鍋田干拓地にて撮影

コチョウゲンボウの♂です




2009年11月21日 愛知県西尾市南奥田にて撮影







コチョウゲンボウの♀です
この子は、この場所がお気に入りなのか、ずーっと動きませんでした

2009年11月21日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影