オオハクチョウ



2009年12月30日 滋賀県湖北町にて撮影

分類 カモ目カモ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 オオハクチョウ(大白鳥)
種の学名(英名) cygnus 
(Whooper Swan )
全長 L140cm
鳴き声 コォーコォーと鳴く
分布 冬鳥として主に関東以北に飛来する。
特徴 名前の通り全身白色の鳥。 嘴は先端は黒色だが、基部は黄色が広がっていて鼻孔に達している。 
ここがコハクチョウとの識別のポイントになっている
名の由来 白い鳥









2009年12月30日 滋賀県湖北町にて撮影







干潟の中央で休んでいる最中でした。 褐色の若鳥はあまりキレイとは言い難いですね
カラスがちょっかいを掛けるので、イヤイヤ立ち上がって移動したりしています


2008年12月28日 愛知県田原市 汐川干潟にて撮影