クロサギ



2012年2月4日 鹿児島県南さつま市 笠沙恵比寿にて撮影

分類 コウノトリ目サギ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 クロサギ(黒鷺)
種の学名(英名) Egretta sacra 
(Eastern Reef Heron)
全長 L58cm
鳴き声 グァッと鳴く
分布 本州以南に留鳥として分布する。
特徴 黒色型と白色型があり、南へ行くほど白色型の割合が多くなる傾向がある。
『黒色型』は全身が光沢のない淡い黒色で喉が白い。 クチバシは黒褐色〜黄褐色まで様々。
『白色型』は全身が白く、クチバシが黄色い。 
足はどちらも黄緑色〜緑褐色で、白色型クロサギとシラサギ類とを見分けるポイントになる。
名の由来 黒いサギ類











白色型です

2012年5月1日 沖縄県 石垣島にて撮影














2012年2月4日 鹿児島県南さつま市 笠沙恵比寿にて撮影





2011年3月6日 愛知県田原市 越戸海岸にて撮影