スグロカモメ



2009年1月日17日 愛知県田原市 汐川干潟にて撮影

たくさんのユリカモメ、カモメ、セグロカモメの中に2羽だけ混じっていました

分類 チドリ目カモメ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 スグロカモメ(頭黒鴎)
種の学名(英名) Larus saundersl 
(Saunders' Gull)
全長 L32cm W85cm
鳴き声 キィッキィッと鳴く。
分布 冬鳥として日本に飛来するが、九州沿岸以外では稀である。
特徴 冬羽夏羽ともユリカモメに似ている。 ユリカモメよりも小さく、くちばしが短くて黒いこと。
初列風切先端の黒色部がとぎれとぎれの黒点になること、夏羽では頭の黒色部が大き
く褐色味がないことなどで区別できる。 足は赤い。
名の由来 夏羽では頭が黒くなることから。





2009年1月日17日 愛知県田原市 汐川干潟にて撮影