シノリガモ



2009年1月17日 愛知県田原市 高松一色海岸にて撮影

本海岸の岩場には毎年越冬のため訪れているらしい。

分類 カモ目カモ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 シノリガモ(晨鴨)
種の学名(英名) Histrionicus histrionicus 
(Harlequin Duck)
全長 L43cm
鳴き声 コーコーコーやギィエッなどと鳴く
分布 冬鳥としてほぼ日本全国に飛来し、一部は繁殖も確認されている。
特徴 雄は頭部から胸が青みがかった黒で、くちばしの基部などに白いすじや斑点の模様があり、腹は赤褐色。
雌は全体濃褐色で顔に3個の淡色斑があり、下面は淡色。
名の由来 「しのり」とは朝焼けや、夜明けのことで、美しいカモの意味





キレイなカモですね。





こんな荒波が打ち寄せる岩場で食事です。



2009年1月17日 愛知県田原市 高松一色海岸にて撮影

手前が♀のシノリガモちゃんです。
顔に3個の白斑があります










2010年1月24日 愛知県田原市 高松一色海岸にて撮影