ベニヒワ



2014年5月4日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目アトリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ベニヒワ(紅鶸)
種の学名(英名) Flammea (Redpoll )
全長 13.5cm
鳴き声 ジュジュやチュイーンと鳴く。
分布 冬鳥として北海道、東北〜北陸に飛来する。 島根県でも少数が見られる。
特徴 額から頭頂にかけてが赤い帽子を被っているのが特徴である。 喉から胸も赤色であるが、メスは薄い。
嘴は黄褐色で、目先から腮までは黒っぽい。中雨覆と大雨覆の先端は白い。
下胸から腹は白くて、脇から腰に掛けて黒褐色の縦斑がある。 
名の由来 紅色のヒワ(ヒワは弱々しいの意)

















2009年1月29日 石川県金沢市 河北潟にて撮影

こんな子に会えるとは思っていなかったので、かなり嬉しかった!
でも写真が・・・
石川県ではそれほど珍しい鳥ではないらしい!