コイカル



2009年2月15日 豊田市にて撮影

数羽のイカルに混じって1羽だけこの子が居ました

分類 スズメ目アトリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 コイカル(小鵤)
種の学名(英名) Eophona migratoria
(Chinese Grosbeak)
全長 L19cm
鳴き声 チッチョコチーチョ ピーポーピとさえずる。
分布 冬鳥として主に西日本に飛来する。 また熊本など繁殖例も確認されている。
特徴 イカルよりも明らかに小さい。 顔はイカルよりも目の後方まで黒い。背中は褐色がかっている。
翼は黒く、初列風切に白斑があるほか、風切各羽の先端が白い。 
止まっている時コイカルは白斑が2個に見えるのはこのためである。
嘴は太く、黄色い。 先端はちょっと黒味がある。 足はピンク色を帯びる。
名の由来 小さいイカル(イカルの由来はイカルのページ参照)









2009年2月15日 豊田市にて撮影