オガワコマドリ



2009年3月13日 神奈川県横浜市 境川遊水地公園にて撮影

現地に着いてみると、カメラマンが1人も居なかった。
行けば解ると思っていただけに、ちょっと焦る。 でも散歩の人に訊いたらすぐに教えてくれた。
ポイントに着くと、まずはクイナが迎えてくれた。
クイナを撮影していると、この子が現れた。

分類 スズメ目ツグミ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 オガワコマドリ(小川駒鳥)
種の学名(英名) Sevecica (Bluethroat )
全長 L15cm
鳴き声 チュルチュルチュリチュリと鳴く。
分布 日本では冬季や渡りの時期に観察される。
特徴 上面はオリーブ色味のある灰褐色。 白い眉斑、過眼線がうっすらと黒っぽい。
喉は灰褐色、青色、黒色、白色、茶色と複雑な模様になる。 下胸から腹は橙色味のある白色。
冬羽では喉から胸の模様が淡くなる。 
名の由来 日本人で最初に鳥類に専念した研究者小川三紀(おがわみのり)に因んで付けられた。







2009年3月13日 神奈川県横浜市 境川遊水地公園にて撮影

こんな小さな鳥さんなのに、撮影場所が遠かった。
いつも泥の上にばかり居て、背景も悪いし・・・。