クロヅル



2012年2月19日 鹿児島県出水市にて撮影

分類 ツル目ツル科 見られる時期

10 11 12
標準和名 クロヅル(黒鶴)
種の学名(英名) Grus (Common Crane )
全長 L110〜125cm
鳴き声 クルルルと鳴く。
分布 稀な旅鳥として飛来する。(鹿児島県出水には毎年数羽が訪れる)
特徴 体は灰褐色で頭部は赤色、黒色、白色がある。雨覆は灰褐色で風切は黒い。嘴は黄色で足は黒色。  
名の由来 顔の色が黒いことから





2012年2月5日 鹿児島県出水市にて撮影







クロヅルの幼鳥だそうです。 頭頂部の赤色は無く、顔がようやく黒味を帯びて来ている。
今年の初めからここに長期滞在中。

2009年3月28日 滋賀県西浅井町 塩津浜にて撮影