シナガチョウ



2008年3月18日 愛知県岡崎市 東公園にて撮影

家禽です。

分類 カモ目カモ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 シナガチョウ(支那鵞鳥)
種の学名(英名) Cygnoides
(Chinese goose)
全長 L90-120cm
鳴き声 ガハン、ガガガガと鳴く。
分布 日本では飼い鳥として公園などの池に居ることが多い。
特徴 サカツラガンを原種とする中国系のガチョウ。 画像のように原種に近い体色の固体と白色個体が居る。
サカツラガンに似ているが色が淡く、額の瘤が目立つ。
中国では2千年前から飼い鳥としているらしい。 肉用のせいか体が大きくでっぷりとしている。
名の由来 支那(この呼び方はイケナイのかな?漢字が変換されない)の鵞鳥(ガチョウ)







2008年3月18日 愛知県岡崎市 東公園にて撮影



2010年1月3日 愛知県岡崎市 東公園にて撮影