カラムクドリ



2009年4月4日 高知県高知市内にて撮影

高知は遠いなあ! 金も掛かるだろうなあ!
と思っていたら、何と地方高速道路の通行料が日祝日限定で上限1000円になった。
というわけで行って来ました。

この子は2羽で高知市内を流れる鏡川沿いの並木に居ました。
人慣れしているようで、かなり寄って撮影出来ました。

分類 スズメ目ムクドリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 カラムクドリ(唐椋鳥)
種の学名(英名) sinensis  (Chinese Starling)
全長 L19cm
鳴き声 キュルッやキュルリー、ギッギッなどと鳴く。
分布 日本では旅鳥か冬鳥として宮古島、石垣島、西表島、与那国島で観察される。
特徴 頭部から背、上腹まではやや褐色味のある灰色。 腹から下は白っぽい。 雨覆は白い。
腰は灰白色である。尾と風切は黒く、外側尾羽先端に白色斑がある。足と嘴は灰色。虹彩は白い。
名の由来 唐(カラ)(中国の事)で繁殖するムクドリ類。















2013年1月27日 和歌山県和歌山市にて撮影















2009年4月4日 高知県高知市内にて撮影