ヒガラ



2009年4月26日 愛知県北設楽郡設楽町 段戸裏谷にて撮影

普通種だというのに、中々会えなかった子である。
数回会うには会ったのだが、写真を撮るには至らなかった。
今回ようやく写真が撮れた・・・のだが、ちょっと寂しい出来でした。

分類 スズメ目シジュウカラ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ヒガラ(日雀)
種の学名(英名) Parus ater  (Coal Tit )
全長 L11cm
鳴き声 ツピツピツピツピと鳴く
分布 留鳥。 冬季には平地に移動する。
特徴 過眼線から頭上と喉は光沢のある黒色。冠羽がある。首の後ろと頬は白い。
上面は灰青色。下面は白っぽく脇は灰色味があり、白い2本の翼帯がある。
名の由来 ヒガラが ツツピンと鳴くので、昔は "ひんから" (ヒンと鳴く "カラ類") と呼んでいた。 
その 「ひんから」 が "ひがら" に転じた。



2011年6月5日 長野県長野市 戸隠森林公園にて撮影







2011年2月10日 愛知県岡崎市 東公園にて撮影