ホオジロカンムリヅル



2009年3月28日 滋賀県東近江市にて撮影

篭脱けですが、美しい鳥ですね。

分類 ツル目ツル科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ホオジロカンムリヅル(頬白冠鶴)
種の学名(英名) Balearica regulorum
 (Grey Crowned Crane )
全長 L100cm
鳴き声 不明
分布 アフリカの鳥です。 この子は茨城辺りの野鳥園から抜け出して来たらしい。
特徴

額の部分にビロード状の密生した羽毛、頭頂に麦わらを束ねたような冠羽を持つ。
頚部の羽毛は明るい灰色で、英名の由来になっていると思われる。

和名の通り、頬の部分は白い。しかし繁殖期になるとこの白い部分も赤く染まる。

名の由来 頬が白く、冠羽を持つツル類











こんな子が近くに居たら楽しいでしょうね。