ツミ



この日は渡って行くタカ類が少なく、ツミはこの1固体だけしか確認出来なかった

2009年9月27日 愛知県田原市にて撮影

分類 タカ目タカ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ツミ(雀鷹)
種の学名(英名) Accipiter gularis
 (Japanese Lesser Sparrowhawk )
全長 L♂27cm ♀30cm
鳴き声 キィーキッキッキッなどと鳴く。ピョーピョピョピョとも鳴く。
分布 ほぼ全国で繁殖するが、冬には暖地に移動する。 西日本には比較的少ない。 
特徴

オスはヒヨドリ大、メスはキジバトくらいの小型のタカ類。
オスは上面、尾は灰色がかった青色、下面は白い。 胸、脇腹が成鳥ではうっすらと橙色である。 
眼が赤いのが特徴である。 メスは下面が白く、横斑があり、眼は黄色い。 

名の由来 古名を“雀鷹(ススミタカ-雀のような小型のタカ)” ススミ⇒スミ⇒ツミ と転じた。



2009年9月27日 愛知県田原市にて撮影