アマツバメ



タカを待っていると、上空に羽の長いツバメが数羽飛んでいた。
アマツバメは初見だったので、速い動きに惑わされながらも必死でカメラで追っていて
ふと、気づくと・・・無数のアマツバメが乱舞していた。
思わずカメラを下ろして見入ってしまった。

2009年9月27日 愛知県田原市にて撮影

分類 アマツバメ目アマツバメ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 アマツバメ(雨燕)
種の学名(英名) Apus pacificus
(Northern White-rumped Swift )
全長 L20cm
鳴き声 ジュリリリ、ビィイィィと鳴く。
分布 夏鳥として全国に飛来し、岩場のある山地・海岸で営巣する。
特徴

ツバメよりも大きく、羽が長く先が尖っている。 尾羽も深く切れ込んでいる。
腰と喉が白く、全体的には褐色味のある黒色である。
巣以外では常に飛び続け、交尾も空中でするらしい。

名の由来 雨が降る前になると低空を飛ぶことから付いたらしい。





2009年9月27日 愛知県田原市にて撮影





2012年5月19日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影