キクイタダキ



なんとなく訪れた地で、ほとんどスカ状態の中、最後の最後に出会った子。
曇天でSSが稼げず、ブレブレ写真ばかりの中、何とか見られる程度のブレ画像が3枚のみでした。
予想していなかった突然の出会いに、興奮して息が荒れまくっていた。

2009年11月29日 愛知県豊田市 下山地区にて撮影

分類 スズメ目ウグイス科 見られる時期

10 11 12
標準和名 キクイタダキ(菊戴)
種の学名(英名) Regulus regulus (Goldcrest )
全長 L10cm
鳴き声 ツツツツティーツィツィなどと鳴く。
分布 中部以北の亜高山帯で繁殖し、冬には平地にも現れる。
特徴

全身褐色〜オリーブ褐色で、頭頂は黒く、中央が黄色い。 オスはその黄色の中に赤い斑がある。
三列風切・大雨覆に白い斑がある。 目の周りは白い。 

名の由来 頭頂の黄色の斑を菊の花に見立て、菊を載せている鳥。



日本一小さいというだけあって、本当に小さかったです。

2009年11月29日 愛知県豊田市 下山地区にて撮影























2012年10月27日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影