ホシムクドリ



まるで玉虫のようなメタリックな羽色が美しい。

2010年3月14日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影

分類 スズメ目ムクドリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ホシムクドリ(星椋鳥)
種の学名(英名) Sturnus vulgaris (Starling )
全長 L22cm
鳴き声 キュルッ キュルッ、ギィーなどと鳴く。
分布 冬鳥として島根や鹿児島では毎年見られる。 その他の地域でも希に見られる
特徴

上面とお腹は緑や紫色の金属光沢のある黒色をしている。 翼は黒く羽縁はバフ色。 
クチバシは冬羽では黒っぽく、夏羽では黄色っぽくなる

名の由来 星を散りばめたような体の模様から。









2010年3月14日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影



光が当たっていない時の体色。




光が当たっている時の体色。

2010年1月23日 愛知県幡豆郡一色町にて撮影




2011年3月12日 石川県 河北川にて撮影







2012年2月12日 愛知県西尾市にて撮影