オオハム



外洋に居ることが多いアビ類ですが、珍しくダム湖に入っていました

2010年2月13日 愛知県田原市 初立池にて撮影

分類 アビ目アビ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 オオハム(大波武)
種の学名(英名) arctica  (Black-throated Diver )
全長 L58-73cm
鳴き声 ルーン? 不明
分布 本州以南では冬鳥として飛来する。 日本海側に多い。
特徴

夏羽:喉は緑色光沢がある黒色、上面は黒く、白色の角斑が点在する
冬羽・上面は暗褐色、下面は白い。 クチバシはまっすぐで尖る。

名の由来 「うお(魚)をはむ(食む)」→オオハム







ダム湖とはいえ・・・遠かった!

2010年2月13日 愛知県田原市 初立池にて撮影。











2010年2月13日 愛知県田原市 初立池にて撮影