カモメ



カモメです。
最も普通に見られるカモメなので、ただカモメなんでしょうけど・・・
初めて会いました
意外と少ないような気がするのは愛知県だからでしょうか

2010年3月21日 愛知県田原市 馬草海岸にて撮影

分類 チドリ目カモメ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 カモメ(鴎)
種の学名(英名) Larus canus (Common Gull )
全長 L43cm W120cm
鳴き声 キューウ、キュキュキュと鳴く。
分布 冬鳥として全国に飛来する。
特徴

中型のカモメ類。 頭や体下面は白く、体上面は灰色。 翼先端が黒く、先端近くに白斑がある。
嘴は細く、黄色。先端に黒っぽい斑があるものもいる。 足は薄い黄緑色。 尾羽は横帯もなく白い。

名の由来 平安の頃からカモメと呼ばれていたらしいが、他のカモメ類の総称であったらしい。 
由来は、若鳥にある褐色の班が『籠』の目に似ているなど諸説ある。
備考



2010年3月21日 愛知県田原市 馬草海岸にて撮影



この子は翼を怪我しているようです。
もう治る事は無いのでしょう!

2010年3月21日 愛知県田原市 汐川干潟にて撮影



2011年3月6日 愛知県 伊良湖-鳥羽航路にて撮影