ムギマキ



サービスの良い男の子でした

2010年5月15日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目ヒタキ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ムギマキ(虎斑木莵)
種の学名(英名) mugimaki  (Mugimaki Flycatcher )
全長 L13cm
鳴き声 ピピピとさえずる。地鳴きはティッ ティッ。
分布 シベリアなどで繁殖して、南方で越冬する。 日本には春と秋の渡りの時期に全国的に見られる。
特徴 オス

上面は黒く、目の後方に小さい眉斑がある。三列風切の外縁部が白く、白斑状に見える。
喉から腹がオレンジ色で、下腹から下尾筒にかけては白い。

メス 上面は褐色で、喉から腹がオレンジ色で、下腹から下尾筒にかけては白い。
名の由来 麦を蒔く頃に見られることから。
備考



女の子です







オスとメスのバトルが撮れました。 ブレとボケは臨場感と思って下さい













水浴びするムギマキくん



この子は疲れきって動けなくなっていました
その後、再び見に行ったら・・・残念ながら! 渡りも命がけなんですね

2010年5月15日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影