マミチャジナイ



2010年5月16日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目ツグミ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 マミチャジナイ(眉茶ジナイ)
種の学名(英名) obscurus  (Eyebrowed Thrush )
全長 L21.5cm
鳴き声 キョッ、キョッと鳴く。
分布 渡りの時期に旅鳥として見られるが、沖縄などでは少数が越冬するらしい。
特徴 オス

頭部は灰褐色で、眉斑は白い。嘴の基部と腮(さい)の白色が目立つ。背、翼、尾はオリーブがかった褐色
、胸から脇(わき)は橙色。 

メス 頭部の灰色味が少なく、喉(のど)は白くて灰色の縦斑がある。
名の由来 マミジロ・チャジナイ(アカハラ)の”ジロ”が抜けて、マミチャジナイとなった。 
チャジナイは茶色のシナイ(ツグミ類)のこと、つまりアカハラであるらしい。
備考 一見アカハラに似ているが、眉半の白さで区別出来る。 とはいうものの、眉半の薄い個体も居て紛らわしい。
薄い眉半があっても黄色いアイリングがあれば、アカハラのようです。





2012年4月15日 愛知県名古屋市 庄内緑地公園にて撮影













上3枚が成鳥オス、下3枚が若オス

2012年4月1日 愛知県安城市 秋葉公園にて撮影





以上がオスです

中々会えなくて、会っても一瞬だったり、遠かったりと写真に撮るのに苦労した鳥さんの1種
しかし、この島ではサービスが良かったです





この子はメスですね

2010年5月16日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影