ノジコ



夕方の一瞬だけ出て来てくれた子です

2010年5月15日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目ホオジロ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ノジコ(野路子、野地子)
種の学名(英名) Emberiza sulphurata
 
(Japanese Yellow Bunting )
全長 L14cm
鳴き声 チョンチョイピーピリッピと鳴く
分布 本州の中部以北だけで繁殖する。
特徴 オス

灰緑色の顔で、喉は黄色いく、白いアイリングがある。 目先は少し黒っぽい。
背中は暗緑色で黒褐色の縦斑がある。大雨覆と中雨覆の先端部分は白色であり、翼帯になって見える。
胸から腹にかけては褐色味のある黄色である。嘴は灰色。

メス 全体の黄色味や緑色味は薄い。目先は黒くない。
名の由来

野地 (草原)で見られるから。

備考







2013年5月11日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影