カラシラサギ



2010年5月29日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 コウノトリ目サギ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 カラシラサギ(唐白鷺)
種の学名(英名) Egretta eulophotes  (Swinhoe's Egret )
全長 L60-68cm
鳴き声 グアッ、グアッと鳴く。
分布 冬鳥として九州・南西諸島に飛来する他、渡りの途中で立ち寄り、全国で記録されている。
特徴 オス

全身が白く、後頭には多くの冠羽があり、夏羽では10cm以上伸びる。 足は黒くて、先が黄色い。 
クチバシが黄色いことでコサギと区別出来る。

メス 雌雄同色。
名の由来 唐(中国)に多いシラサギ類。
備考 ボサボサ冠羽が可愛らしいです。











2010年5月29日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影