ギンムクドリ



この子は♀でしょうか

2010年5月30日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目ムクドリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ギンムクドリ(銀椋鳥)
種の学名(英名) sericeus  (Silky Starling )
全長 L24cm
鳴き声 ギュルル、キョーと鳴く。
分布 希な冬鳥、旅鳥として沖縄諸島、石川県などで見られることがある。 
近年では西日本のどこかで毎年確認されているようです。
特徴 オス

体全体は青灰色で、尾羽と翼は黒色だが、初列風切、次列風切の基部あたりに白斑がある。
足は橙色で、嘴は基部が赤く、先端が黒い。  

メス 全体に褐色みを帯び、頭部からの体下面は灰白色。背と肩羽は灰褐色である。
名の由来 銀色のムクドリ類
備考 普通ムクドリ4羽と共に行動していました。









右が本種、左は普通ムクドリです。







2012年5月19日 石川県輪島市 舳倉島にて撮影