レンカク




2011年7月28日 滋賀県湖北町 琵琶湖畔にて撮影

分類 チドリ目レンカク科 見られる時期

10 11 12
標準和名 レンカク(蓮角・蓮鶴)
種の学名(英名) Hydrophasianus chirurgus
 
(Pheasant-tailed Jacana )
全長 L55cm
鳴き声 ビービーと鳴く。
分布 日本には本州以南の各地で記録はあるが、定期的な分布は無い。
特徴 オス

夏羽:嘴は細く、足指は非常に長い。翼の先は細くて尖がる。顔と首の前は白く、後頸(こうけい)は黄色。
体の上面は紫褐色で翼は白と黒色。体の下面は黒色。尾は長くて黒い。
冬羽:全体の色が鈍くなり、腹部は白い。額から頭頂は黒褐色である。黒い過眼線は胸まで伸びる。
眉斑は白っぽい。尾はそれほど長くない。虹彩は暗褐色。  

メス 雌雄同色。
名の由来 脚と指爪が長く、蓮などの上を歩き回ることから、蓮の鶴。 または、翼に棘があることから蓮の角らしい。
備考







2011年7月28日 滋賀県湖北町 琵琶湖畔にて撮影





2012年5月2日 沖縄県 石垣島にて撮影





2010年10月17日 滋賀県湖北町 琵琶湖畔にて撮影