オジロトウネン



逆光側だと目の前に居るのに、順光側に回ると遠く、上手く撮影出来なかった

2010年11月6日 愛知県愛西市 立田にて撮影

分類 チドリ目シギ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 オジロトウネン(尾白当年)
種の学名(英名) temminckii  (Temminck's Stint )
全長 L13-15cm
鳴き声 チリリ、チリリと鳴く。
分布 渡りの時期に旅鳥として見られるが、越冬する個体も多い。
特徴 オス

トウネンに似るが、体の上面が灰褐色で赤褐色と黒色の斑があり、尾の両端はい。 
足が黄緑色である点が最大の見分けるポイント。

メス 雌雄同色。
名の由来 尾羽が白いトウネン。
備考





2012年9月23日 愛知県西尾市にて撮影





2010年11月6日 愛知県愛西市 立田にて撮影