キガシラシトド



大変珍しい子に会えて良かったです

2011年2月5日 千葉県松戸市 江戸川河川敷にて撮影

分類 スズメ目ホオジロ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 キガシラシトド(黄頭鵐)
種の学名(英名) Zonotrichia atricapilla  (Golden-crowned Sparrow )
全長 L18cm
鳴き声 チーやチッと鳴く。
分布 アラスカ・カナダ北西部で繁殖し、冬季はアメリカ西部に渡る。 日本には迷鳥として数例記録がある。
特徴 オス

頭頂に黄色い斑があり、背は褐色で黒い縦斑がある。 顔は全体的に黒く、過眼線から下面全体は灰褐色。
冬羽では顔の色が淡く、黄斑も薄く不明瞭である。

メス 雌雄同体。
名の由来

黄色い頭のシトド ※「シトド」とは、ホオジロ類の古称。

備考









2011年2月5日 千葉県松戸市 江戸川河川敷にて撮影