番外 ガビチョウ



2011年2月6日 神奈川県横浜市 舞岡公園にて撮影

分類 スズメ目メチドリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ガビチョウ(画眉鳥)
種の学名(英名) Garrulax canorus (Hwamei )
全長 L22-25cm
鳴き声
分布 中国南部〜東南アジアにかけて生息する。 日本にはペットとして輸入された個体が逃げ出して
(あるいは業者が処分に困って放鳥して)定着した、いわゆる『篭脱け』である。 
関東地方を中心に九州まで留鳥として分布する。
特徴 オス

全体的に茶褐色で地味だが、眼の周り及びその後方に眉状に伸びた特徴的な白い紋様を持つ。
嘴の色は黄色。。

メス 雌雄同体。
名の由来

中国名の漢語表記『画眉』を日本語読みにしたもの。

備考









2011年2月6日 神奈川県横浜市 舞岡公園にて撮影