メリケンキアシシギ



越冬個体と思われます

2011年2月13日 愛知県田原市 越戸海岸にて撮影

分類 チドリ目シギ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 メリケンキアシシギ(メリケン黄足鷸)
種の学名(英名) Tringa incanus  (Wandering Tattler )
全長 L28cm
鳴き声 ピリリリリ、ピッピッピと鳴く。
分布 アラスカ南部で繁殖し、冬季はアメリカ・メキシコ西部に渡る。 日本には旅鳥として少数が太平洋側で見られる。
特徴 オス

夏羽は体の上面が暗い灰褐色。体の下面は白く、胸から下尾筒まで灰褐色の縦斑が密に入る。
嘴は黒く足は黄色。成鳥冬羽は、体の下面の縦斑がなくなり淡い灰褐色になる。

メス 雌雄同体。
名の由来

アメリカに多い黄色い脚のシギ類。

備考







2011年2月13日 愛知県田原市にて撮影