ウミスズメ



2012年12月22日 北海道根室市 納沙布岬にて撮影

分類 チドリ目ウミスズメ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ウミスズメ(海雀)
種の学名(英名) Synthliboramphus antiquus
 
(Antient Murrelet )
全長 L24-27cm
鳴き声 チッ チッと鳴く。
分布 太平洋北部海域で繁殖し(日本では岩手・北海道で少数が)、冬には南下する。
特徴 オス

夏羽:上面は灰色で下面は白い。 頭は黒く、嘴は短くて黒い。 先端の黄白色部分が目立つ。
喉は黒っぽく、眉斑後方部分に白線がある。
冬羽:喉は白く、眉斑後方の白線はなくなる。

メス 雌雄同色
名の由来

鳴き声がスズメに似ていることから(かな?)。

備考











2012年12月22日 北海道根室市 納沙布岬にて撮影









2012年4月21日 石川県輪島市 舳倉航路にて撮影