ムネアカタヒバリ



2011年5月5日〜6日 石川県 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目セキレイ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ムネアカタヒバリ(胸赤田雲雀)
種の学名(英名) Anthus cervinus (Red-throated Pipit )
全長 L16cm
鳴き声 フィース フィースと高い音で鳴く。
分布 日本には旅鳥として飛来するが、西日本に多く、越冬する個体も居る。 
特徴 オス

夏羽:タヒバリに似るが、頭部〜胸部が橙色である。 また上面は灰褐色で黒褐色の明瞭な縦斑がある。
冬羽:頭部と胸部の橙色が淡い褐色になり、頬のみが赤味を帯びている。

メス 雌雄同色。
名の由来 胸の赤いタヒバリ類。
備考





2013年5月11日〜12日 石川県 舳倉島にて撮影













2011年5月5日〜6日 石川県 舳倉島にて撮影