ナベヅル



2012年1月1日 三重県松坂市にて撮影

分類 ツル目ツル科 見られる時期

10 11 12
標準和名 ナベヅル(鍋鶴)
種の学名(英名) monacha (Hooded Crane )
全長 L96.5cm
鳴き声 クルルと鳴く。
分布 日本には冬鳥として飛来する。 鹿児島県射水は毎年1万羽が飛来する。 中部地方では希に見られる
特徴 オス

体は灰黒色、頭部と首は白く、頭頂は黒と赤。 雨覆は灰黒色。 嘴は黄色で足は黒。 。

メス 雌雄同色。
名の由来 胴体の色がススの付いた鍋底を思わせることから。 江戸時代以前はクロヅルと呼ばれていたらしい。
備考















2012年1月1日 三重県松坂市にて撮影









2012年2月5日 鹿児島県射水市にて撮影