カラフトワシ



2012年2月4日 鹿児島県薩摩川内市にて撮影

分類 タカ目タカ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 カラフトワシ(樺太鷲)
種の学名(英名) Aquila clanga
 
(Greater Spotted Eeagle )
全長 雄67cm 雌70cm(158-182cm)
鳴き声 ピッピッピョーピョーと鳴く。
分布 日本には冬鳥として飛来する。 日本各地に記録はあるが、鹿児島には毎年飛来している
特徴 オス

全身黒褐色。尾は短く、ろう膜は黄色い。嘴の先端は黒い。

メス 雌雄同色。
名の由来 初めて発見されたのが北方だったので、樺太から来たと思われて付けられた????
備考 その名前から樺太から来ると思っていたのですが、全く関係ありませんでしたね。
羽がボロボロでちょっと可愛そうな気がしました。





















2012年2月4日 鹿児島県薩摩川内市にて撮影