サンショウクイ(亜種 リュウキュウサンショウクイ)



2012年4月30日 沖縄県 石垣島にて撮影

分類 スズメ目サンショウクイ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 リュウキュウサンショウクイ(琉球山椒食)
種の学名(英名) P. d. tegimae (Ashy Minivet )
全長 L20cm
鳴き声 ピリリリ ピリリリ ピリリリと鳴く。
分布 南西諸に島留鳥として生息している。 近年九州でも見られ、繁殖の確認もある。
特徴 オス

背中は灰色で、首、後頭、過眼線は黒く、額は白い。 下面は全体が白いが、脇はやや灰色味がある。
尾は黒くて長く、外側尾羽が白い。
本亜種は、胸が黒っぽく、上面の色も濃い。 額の白色部は狭い。

メス 頭上から後ろ首が灰色で額の白色部は狭い。
名の由来 鳴き声が山椒を食って辛そうに聞こえるから。 本亜種は琉球に生息するサンショウクイ類。
備考











2012年4月30日 沖縄県 石垣島にて撮影