番外 シマキンパラ



2012年5月1日 沖縄県 石垣島にて撮影

分類 スズメ目カエデチョウ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 シマキンパラ(縞金腹)
種の学名(英名) Lonchura punctulata (Nutmeg Mannikin )
全長 L11cm
鳴き声 ピヒィ〜ッと鳴く。
分布 石垣島に生息する個体は篭脱けと言われているが、台湾から自力で来た可能性も否定出来ない
特徴 オス

頭部から背中、翼、尾羽が褐色で、胸から腹は白く、胸から体側部にかけて波状紋が入る。嘴は暗灰色。

メス 雌雄同色。
名の由来 お腹に縞模様があるキンパラ。(キンパラはお腹に光沢があるの意)
備考





2013年6月14日 沖縄県 宮古島にて撮影





2012年5月1日 沖縄県 石垣島にて撮影