シベリアムクドリ



2012年5月19日 石川市輪島市 舳倉島にて撮影

分類 スズメ目ムクドリ科 見られる時期

10 11 12
標準和名 シベリアムクドリ(西比利亜椋鳥)
種の学名(英名) sturninus (Daurian Starling )
全長 L17cm
鳴き声 キュル キュルと鳴く。
分布 日本では迷鳥として希に見られる。
特徴 オス

頭部は灰白色で、後頭に紫色光沢のある大きな黒斑がある。 背は紫色の光沢がある黒色。
翼にも緑色光沢があり、雨覆に白斑がある。 腰は淡褐色。嘴と足は黒い。

メス 全体的に褐色味が強く、光沢がない。 後頭の黒斑は薄く出ることもあるが、ないこともある。
肩羽に白色部がある。
名の由来 シベリアに棲むムクドリ類。
備考



ギンムクドリと仲良くツーショット







2012年5月19日 石川市輪島市 舳倉島にて撮影